失恋から立ち直る・彼氏と別れたら復縁すべき?乗り越え方は?

彼氏と別れたといっても理由は様々で、ご自分から彼氏に別れを切り出した方もいれば、彼氏から別れを切り出された方もいらっしゃるかと思います。別れた後に彼氏と復縁をしたくて冷却期間を置いた後に連絡を取るも修復する見込みがないので苦しいという方、またご自分から彼氏に別れを告げられた場合はご自身の意思ですので、さほど引きずることはありませんが彼氏からの破局は忘れようと思っても簡単に忘れられるものではありません。

よく彼氏を忘れたいけれど、なかなか忘れることができませんという方がいらっしゃいますが、そういう方に限って彼氏のTwitterなどSNSをチェックされたり、忘れよう忘れようと"忘れる"ことに過度に意識を向けていますが、実は忘れようと意識すればするほど、逆に忘れられないのです。

例えば受験勉強の際に英単語を覚えようと必死に音読したり、何度もノートに書いたりと記憶に留めるようとする事をされていたと思います。実は元彼を忘れようと意識することは、この英単語を覚えようとする事と全く同じことをしているわけです。

一日も早く元彼を忘れたい…。そういう場合は生活の中で極力、元彼のことを考えない時間にすることが最も早く忘れられるのです。逆の言い方をすれば、生活の中で元彼のことを意識してしまう環境であれば、なかなか忘れることができません。

その良い例が同じ学校、同じ職場であった場合です。やはり別れた後でも毎日顔を合わせるので、なかなか忘れることができません。むしろ元彼の顔を見る度に苦しい思いに苛まれてしまいます。

ですから元彼のことをを考えずに済む環境や時間が大切です。

またご自宅でいる場合でも何もしなければ、どうしても元彼のことを考えてしまい辛い苦しい時間になってしまいますが、そういう時間も何かに打ち込んだり、誰かとお話をしたり、元彼を意識しないで済む時間の工夫が大切です。

と言っても簡単ではない、何もやる気が起こらない…。
多いかと思いますが無理に行う必要はありませんのでできる範囲で行う、あるいはできるようになってから、そういう時間を作ってみてください。

彼氏にフラれた後

彼氏にフラれた後は思い切り泣く、泣いて泣いてどん底に落ちれば回復が早いという方がいらっしゃいますが、これは一つの有効な方法です。人間は必ず表面的な感情よりも深い感情が勝ちます。言い換えればどんなに表面的に取り繕っていても本心が勝つようになっています。本当は辛くて辛くて仕方ないのに辛くないよう振舞っても本心が勝つという事です。

新しい出会いを求める

吹っ切れるにはまだ無理な部分があるかもしれませんが、何かの終わりは何かの始まりです。この出来事が良いか悪いか結論づけるのではなく、この経験があったから今があるのだと後で振り返って肯定できる生き方こそ幸せの為に必要なことです。

人というのは、今が充実していれば過去は肯定できます。つまり幸せな結婚をできた時は、あの時の失恋、あの時の辛い苦しみが私を強くさせた、この経験が今の旦那様との結婚に至らせたと。

ですから新しい出会いを求めることでこの辛さが中和されるだけでなく、新しい扉を開くことになるのです。よく失恋した後は、すぐに彼のことを忘れることができる方法がないか探す方がいらしゃいますがそんなものは存在しません。逆にそんなに簡単に人のことを忘れることができるなら人によっては簡単に恋人の事を裏切ったり人という存在を軽く考えてしまうでしょう。なぜなら苦しい感情をすぐに捨て、忘れることができるわけですから。

復縁をしたい

彼氏と別れたけれど、復縁をしたい…。そう願う方も多いかと思いますが、私は無理に忘れようとするくらいなら復縁に向けた行動を取った方が、よほど意味のある行動ではないかと思います。

毎日毎日、食事も喉を通らず、何もやる気が起きず…ということでしたら、復縁に向けて行動することで絶望から希望が生まれ、もしかすると復縁によって、また幸せな時間を取り戻すことができるかもしれません。

意外に長く続くカップルは付き合ったり別れたりを一度や二度、経験していることが多いので別れた直後は、もうヨリを戻すことないと思っていても復縁によって長く続く場合もあるので、同じ辛い気持ちを感じるにしても、何の可能性も生まないよりも幸せの可能性を生む行動や時間にすべきでしょう。

もちろん恋愛は人それぞれのパターンや事情があるので、簡単に復縁ができると思えないケースもあるかもしれませんが、男女関係に絶対はなく、人が無理と言ったからとか一般的に…ということは、ほとんど意味を持ちません。

人が簡単なケースと言ったからといって復縁できるわけでもなければ、思い切り感情をぶつけ合って喧嘩別れをしても、意外にあっさり復縁ができたというケースも非常に多くあります。

やはり人は幸せになる為に生きているのであり、幸せになる気持ちを諦めてはいけません。希望があるかないかではなく希望は意識的に持つものです。

望を持つ先に幸せがあるのであり、誰にでも幸せになる権利はありません。

そして一度別れたことによって、そこから学びがあり、反省したり学んだりすることで、より元カレとの関係がより良くなるケースがほとんどです。
自身のこれからの為にも是非、復縁に向けた行動を取っていただきたく思います。

ちなみに復縁をしたいからといって闇雲に動ければいいというものではありませんし、その場の感情で動くとほぼ失敗します。

元カレと別れた後でもLINEや電話ができるケースがありますが、そういう時にどうしても元カレと話せる機会が少ない、もしかしたらこれが最後になるかもしれないとの不安から、ついつい元カレに復縁を迫ったり、ご自宅で一人でいると不安が襲ってきて、その勢いで元カレに連絡を入れてしまったり…。

こういうケースがほとんどですが、復縁は感情的になって行動してはいけないので、やはり第三者の意見を聞いたり、ご自分が感情的にならない為にも専門家のアドバイスを聞いて冷静に行動をする、何か行動をする為にこれは正しい行動かどうかをチェックすることで、修復不可能な失敗をしなくて済みます。

言い方を変えれば復縁の成功率が高まりますから、是非専門家に相談をしながら復縁を進めていただければと思います。

そこでご紹介したいのが、下記の復縁方法で多くの女性が復縁に成功し、元彼との幸せな関係を取り戻しています。

この復縁方法が多くの女性から高い評価を得ているのは無期限、無制限のサポートがあるからです。

やはり復縁に向けて行動をしていると、こちらから連絡を入れる際など、どのタイミングでどういう文言にすべきか?また急に元彼から連絡が来た場合はどう対処するのがベストか?逆にこういう事を言ってはいけない、こういう行動を取ると失敗するなど、その場の感情で動くと失敗するので、よく男性心理を理解されている専門家のアドバイスを受けるのが良いわけですが、この復縁方法は何度でも相談ができ、期限もないので、仮に復縁に向けて時間が経過した後も親身に相談に乗ってくれます。

またどうしても彼氏と別れた後は不安な気持ちを一人で背負い、食事も喉を通らず…などの日々が続いてしまうので、いつでも実績ある専門家に相談できるという安心感を得られるので、精神的負担も軽減し前向きに生活ができると多くの女性がおっしゃっています。

何事も勇気が必要です。何もしないことを選択をしても幸せは引き寄せられず、こういう復縁に向けて相談できる道へ飛び込むことで全く違う人生が始まります。

色々と躊躇することがあるかもしれませんが、色々な事は飛び込んでから考えればいいのであり、飛び込まない日々の方が悩みや不安は増大し、何もかもを崩壊させてしまいます。

実は飛び込みさえすれば最高の幸せが待っているにも関わらず諦めてしまったことで後悔の日々や自己嫌悪、恋愛できなくなった、幸せを逃してしまった…というような声をよく聞きます。

幸せに近づく行動を取っているかどうか?一度お考えいただければと思います。

※成功者続出!あなたの復縁が叶うまでのサポートはこちら!

彼氏ほしい≪絶対にカレができる方法!≫

クリスマスや年末年始など、寒い季節やイベントがあると彼氏ほしいって思いますよね。 私も彼氏に振られてから辛い日々で、仕事が手につかない、食事が喉を通らないということもありました。 また復縁をしたいから、しばらく彼氏もLINEをし…

詳細を見る

初めての彼氏と別れた

初めての彼氏で長く付き合っていて結婚まで考えていた彼の事です。まさか別れる日が来るとは夢にも思っていませんでした。長く付き合いすぎたのがイケなかったのか、今思うとズルズルしている内に結婚のタイミングを逃したのだと思います。何とか別れたくなく…

詳細を見る

彼氏と別れた直後は食事も

5年間付きあっていた彼氏が浮気をしていたことが判明し別れました。しかし、5年も一緒にいたので、浮気が原因なのに「復縁したい」と思ってしまいました。別れた直後は食事も喉を通らず、一週間で5㎏も痩せてしまい、職場で貧血で倒れたりもしました。心配…

詳細を見る

彼氏と別れた後

旦那と出会う一年ほど前、婚約破棄をされて弁護士だ裁判だと大騒ぎになっていた私は「一生男なんていらない。結婚なんてしない」と思っていました。すべてを知っている友人が頻繁に飲みに誘ってくれて、女同士でも楽しくすごせる・・・と思っていました。 …

詳細を見る

彼氏にフラれた

遠距離恋愛していた彼に、あっさりとフラれてしまいました。当時彼が31歳、自分が30歳という年齢ということもあり、お互いいずれ結婚したいと考えていて、彼は私の住む街を終の棲家にしたいと言ってくれていたので、この恋が終わった時はそれはもう、絶望…

詳細を見る

付き合い始めて半年

いつも通りの何気ない毎日を送っていました。付き合い始めて半年経つ彼とは通っている大学が違うことから毎日会うことはなかったけれど週1~2回は会っていたし、メールや電話も…いや…最近用事があるとか忙しいとか言って回数が減っていると思った丁度その…

詳細を見る

別れを告げた彼

彼とは同じ職場で出会い、同い年ということもあり、最初はただの飲み友達の関係でした。お酒の飲める私と、あまり飲めない彼ではありましたが、頻繁に仕事帰りに飲みに行ったりカラオケに行ったり、特別な告白とかはなく付き合い始めていたように思います。 …

詳細を見る

彼氏と別れそうな予感

他に好きな人ができたから、と言われて彼氏に振られました。別れそうな予感はあったので、別れを切り出されたときはすぐ納得して了承しましたが、なかなか彼氏を忘れることができず、色々なことをしてしまいました。 (さらに…)…

詳細を見る

大好きだった彼氏

大好きだった彼氏でしたが、私と付き合っている最中に別の女性と知り合い、そちらに惹かれていったようで、その気持ちをはっきりと伝えられました。私と別れたくないと言ってはいましたが、別の女性を気になっているのも事実で、迷っていたようでした。私は別…

詳細を見る

主人と出会う前の彼氏

今の主人と出会う前に付き合っていた彼氏との事です。結婚まで考えて親にも紹介し一応は認めて貰っていたのに、彼の浮気が原因で別れることになりました。 (さらに…)…

詳細を見る

振られた場合は復縁

遠距離恋愛中に別れたい、そう思ってしまったらどうするのが正解なのでしょうか。一応お付き合いをしている仲なわけですから、できれば直接会って、その気持ちを伝えるようにしましょう。別れ話をメールや電話のみで済ます、これでは相手もかわいそうですし、誠意がないと思われても仕方ありません。時間を作り、しっかりと会って直接別れたい旨を伝える、これがベストです。 また失恋から立ち直るのは容易ではありません。それだけはなく彼と別れた後は辛い気持ちと寂しい気持ちに押しつぶされますよね。

そうした別れ話をする時には、別れたいと思ったキッカケを遠距離恋愛のせいにするのも避けたいところ。「だったら一緒に住もう」とか、「結婚しよう」などと言われる可能性があるからです。遠距離が原因なのではなく、好きな気持ちがなくなってしまったと伝えた方が後腐れ無く別れることができます。

遠距離恋愛を逆手にとってフェードアウトする方法もなしではありませんが、やはりこれも誠意がない別れ方となってしまうので、あまりおすすめはしません。鈍い人だとしつこく連絡してくるでしょうし、自分は別れた気でいるのに相手はそう思っていなかった、という面倒な事態にもなりかねませんから、やはり相手のことも思い、ちゃんと別れを告げるのが、選ぶべき終着点となります。

キッパリと気持ちを伝える時に、冷却期間を持ちたいと伝えるケースも少なくはありません。もし今後やり直す気が全くないのであれば、こうした別れ方も避けるべきでしょう。やはり自分と相手の気持ちにギャップが出来てしまい、面倒なやり取りが続く可能性があります。 抵抗があるかもしれませんが、遠距離恋愛だからこそ気持ちは正直に伝える、これを意識した方がスッキリとするはずです。

恋愛の始まりと終わり

恋愛の始まりの多くは、片思いからです。そこから少しずつ距離を縮め、やがて両思いになることがほとんどだと思うのですが、この片思いの状態の時にどうアプローチするかによってその後の展開が大きく変わってきます。

正しい方法を明らかにするのは難しいものの、しかしある程度の法則はあるでしょう。例えば、まずは相手に自分のことを意識してもらうところから始める必要があります。 気があると思わせることで意識してもらうことも可能ですが、それよりもまずは相手の異性の好みを知り、それに近づく努力をした方が好結果を生み易いでしょう。 会話を繰り広げる中でこうした片思い中の相手の好みを知ることはできるはず。あるいは相手の好きなものを同じように好きになってみることも、アプローチする際の武器になります。

よく、グイグイ押し切ろうとする人がいますが、それが通用する相手としない相手がいるので、もしそれをするのであれば、通用する相手だと見極めてから行いましょう。押して引いてという戦略をとる場合も同様で、押し方を間違えると一大事。「面倒臭い人」とか「うざったい」などと思われてしまうこともありますから、押しても平気な相手かの判断を誤らないようにしてください。

今の時代、片思い中の相手へのアプローチにメールやチャットを使わない手はありません。しかし、これも頻度には気を付けたいところ。返事が返ってこないのに毎日何通も送ると、やはり引かれてしまう可能性が出てくるので、ちょっと意識の中に自分を入れてもらう、という程度の内容と頻度で送るようにしましょう。

遠距離恋愛

遠距離恋愛中における男性心理は、「彼女の束縛から解放された」という気持ちと、「やっぱり会えないのは寂しい」という気持ちとが混在しているといいます。どちらのウエイトが大きくなるのかは男性によって違ってくるでしょうが、多くの男性がそうした心理状態になるとのこと。 女性からしたら複雑でしょうが、男性には自由な時間も必要と考え、ある程度は信頼し干渉しすぎないことが遠距離恋愛には必要となってくるでしょう。

女性心理としては、毎日連絡をとって愛の確認をし、逐一相手のことを把握しておきたいと思うかもしれません。でも、それを男性にも押し付けたり求めたりするのはナンセンスです。男性と女性は違う生き物であり、当然心理状態も異なります。 男性が女性心理を理解することも大切なのですが、学生であっても社会人であっても男性はひとつのことに没頭し、複数のことを女性のように器用にこなせない性質を持っているので、ここは女性が器量の大きさを見せることを意識した方が良好な関係性を保つことができるでしょう。

こうした男性心理を上手く読み、それに対応できる女性は、後に男性からの信頼を勝ち取ることができます。もちろん結婚をより強く意識してくれることにもなるはず。ただの恋愛ではなく将来一緒になることを視野に入れた上での遠距離恋愛であるのであれば、こうした気遣いが重要となってくることは間違いないでしょう。 束縛はされたくないけど、会えないのは寂しいというふたつの男性心理を上手く満たしてあげる、これは簡単なことではありませんが、そこに離れて生活するふたりの仲を保つ秘訣があるのかもしれません。

元カレと復縁したい

遠距離恋愛をしていると、連絡なしの状況が大きな不安を生み出します。こうなると何度もメールや電話をしてしまう人もいるかもしれませんが、それは少し控えたいところ。逆に、連絡がこないからといってこちらからも何もアクションを起こさないとなると、それこそ自然消滅へとまっしぐらとなってしまうので、適度にメールなどをして様子を見るようにした方がいいでしょう。

メールの内容は、怒っても過剰に寂しがってもいけません。「最近メールこないけど、何かあった?」とちょっと心配する程度がいいでしょう。絵文字や顔文字なども入れ、あまり重い雰囲気にならないのがポイント。相手に精神的負担を与えないことを意識してみてください。

それでももし連絡なしの状態が続くのであれば、相手に心の変化があったのかもしれません。気持ちが冷めてしまった、遠距離恋愛に限界を感じてしまった、他に気になる人が出来てしまったなどの可能性が考えられます。 大事なことは、例えそんな状況になったとしても感情的にならないこと。無理に連絡を取ろうとしたり、アポなしで相手の家に直撃するなどは御法度。これらの行動は逆効果であり、余計に溝を深める結果しか生み出しません。 相手が自然と連絡したいと思うまで待つしかないでしょう。もちろん病気をしているなどの可能性も否定はできませんから、共通の知人・友人がいるのであれば、そういった人たちに連絡を取ってみるのもひとつの方法。こんな時にもあまり深刻な雰囲気にならないことを心がけてください。

恋愛の失敗

遠距離恋愛での失敗ケースで多いのは、多干渉と不干渉です。 多干渉は、過剰に干渉してしまうこと。遠距離であることで不安に思い、過剰に相手のことを心配して常にメールや電話で連絡を取り合っていると、失敗してしまうことが多いようです。干渉されている方は束縛されていると感じてしまいます。それが継続されればやがて気持ちも冷めてしまうでしょう。

不干渉は、逆に全く干渉しないこと。連絡を取り合わず、気が向いたらメールや電話で相手の生存確認、それだけではやはり愛は育まれず、「自分は相手にとって、いてもいなくても問題なのではないか」という気持ちが芽生えてしまうようです。 相手に適度に必要にされてこそ自分の存在意義が確認できるというもの。不干渉はそうした存在意義が希薄になるので、失敗ケースとなることが多いのです。

多干渉も不干渉も、ある現象を生み出すことがあります。それは、浮気。近距離恋愛であっても浮気はあるかもしれませんが、遠距離恋愛だとそれがバレにくいので、ちょっとハメを外してしまうことが多くなるというデータもあるのです。 当然、これは失敗ケース。そうならないよう、相手への干渉はバランスが大事となってくるでしょう。

また、人は一度自分で失敗しないとなかなか学べないもの。修復不可能なほどの失敗をしてしまうとそれで全てが終わってしまいますが、ちょっとした失敗程度であれば、遠距離恋愛にはむしろ必要なのかもしれません。それが絆をより深めることになるケースも少なくはないでしょう。

元カレと復縁

学生のころ、初めてのバイト先で社員さんに恋しました。そのころ相手には付き合っている人がいましたが、とりあえず連絡先を交換出来ました。 その後、相手が別れたことを知り地道にアタックし、その片思いのまま3年後、ようやくお付き合いすることになりました。1年後、優しすぎて気を遣われ過ぎてる感が重いと言われ別れることになりました。


もちろん私は大好きだったのであきらめられません。その後も嫌い別れではなかったし、店は違っても会社が同じのため顔も合わすこともあり、連絡も取っていました。しかし振られたこちら側からはなかなか恋愛の展開に持っていけず、ただの仲の良い関係でした。


私は嫌われてないという自覚だけはあったので、バレンタインにはチョコレートを、誕生日には誕生日プレゼントを、クリスマスにはクリスマスプレゼントを渡していました。相手も嫌がることなく受け取ってくれていたのですが、向こうからということはありませんでした。


それ以外にも私たちのことを知っている友達と自転車で30分かけて相手のお店にご飯を食べに行ったり、私たちの中でボーリングが流行っていたので、お互いがよく通っていたラウンドワンに頻繁に行き、偶然にでも会えないかと行きまくったりしていました。


しかし会えたところで好きすぎて恥ずかしくてなかなか喋れないので、ただただ挨拶をしてその後はボーリング姿を眺めるというだけでしたが。 少しでも彼に会って、自分のことを忘れられないようにすることに必死でした。社員とバイトが一緒に参加する会議には必ず参加し、彼に連絡する口実にしていました。


会議のあとはお互いのお店が必ず頑張ったご褒美と称してアイスを食べに行っていたので、そこでも会えるように頑張っていました。帰った後には会議を口実に必ず連絡し、そのときだけ優越感に浸っています。もちろん喜んでいるのは会えたときと連絡したときだけなので、月3回ぐらいだけです。


それ以外のときは、もてあそばれてるんじゃないかとか、ある意味ストーカーなんじゃないかとか、周りの子からもいい加減あきらめたらとか、もてあそばれてるんちゃうかとか言われてたので毎日毎日悩んで悩んでどうしようか、どこまで行動していいのかとかばっかり考えていました。 別れてから2回目のバレンタインにもチョコレートを渡しました。


その後のホワイトデーのお返しにやっとご飯でも行こうかと誘われました。そこで無事に復縁出来ました。復縁までの行動はストーカーと紙一重だなと思いました。

彼の浮気が発覚

彼の浮気が発覚したので追求したところ、開き直った上に別れを切り出されました。私が浮気の件で彼を責める前までは、普通のカップルだったんです。多少の喧嘩はあったものの、別れの予感というものの微塵も感じたことはありませんでした。まさに寝耳に水、青天の霹靂というたとえがぴったりな振られ方だったので、もう一度やり直したいということを何度も訴えたのですが、彼の気持ちが私へ戻ることはありませんでした。


片思いが実らなかったという経験は何度かあったのですが、振られたことは一度もなかったので、彼に対する執着、それからどうして私のことを一瞬にして捨てることが出来るのだろうという憎悪にも似た気持ちでいっぱいでした。何かに没頭していれば気がまぎれるのですが、ふとした瞬間に彼のことを思い出し、辛い気持ちが吹き上がります。


特に辛かったのは、毎晩のようにかかってきた電話がなくなってしまったことです。この時間はいつも彼からの電話の時間だったのに、そんなことを思うだけで涙が溢れました。彼と一緒に行ったレストラン、映画館など思い出の場所を通るだけで、辛い気持ちになりました。


私が彼と別れた日に、一番仲の良い友達に泣きながら電話をしたんです。彼女は私の話を聞いてくれ、週末は飲みに誘ってくれたのですが、彼女に話を聞いてもらったことで気分転換にもなり、悲しい気持ちが解放されたように思います。


また、悲しい気持ちや辛い気持ちを抑え込んでいてはいけないと思い、失恋ソングや結ばれない恋というような内容の映画を借りて、週末に部屋にこもって見続けました。映画の主人公を自分に重ねてみるわけですが、しくしく泣くのではなく感情を吐き出すように泣いたことが功を奏したようで、かなり回復したように思います。


週末は彼と過ごすことがほとんどだったので、すっぽり空いた予定というのもとても辛いものでした。気持ちが前向きになりかけた頃に、自分磨きをしようと思い立ち、思い切ってジムに申し込みました。あまり運動好きな方ではなかったのですが、スポーツしている間は余計なことを考えなくて済むので、とても気分転換になりました。ジムに通うことで新しい友達もでき、段々彼に執着していた思いが薄れていったように思います。

カテゴリー